2018.07.16

CL&W杯で快挙!…ヴァランが“2冠”、マンジュキッチは両決勝でゴール

フランス代表DFヴァラン(左)とクロアチア代表FWマンジュキッチ(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表がクロアチア代表を4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を果たした。

 フランス代表DFラファエル・ヴァランは“2冠”を達成した。レアル・マドリードに所属するヴァランは、5月26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリヴァプール戦にフル出場し、3連覇となる欧州制覇に貢献。その約2カ月後には代表チームで世界制覇を果たし、史上11人目となる同一年にCLとW杯の優勝を経験した。

 一方、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチは、18分に不運な形でオウンゴールを献上したが、3点ビハインドの69分には相手GKのミスを突いてゴールを奪った。マンジュキッチはCL決勝(バイエルン時代の12-13シーズン&現所属ユヴェントスでの16-17シーズン)でもゴールを決めており、データ会社『Opta』によると、CL(チャンピオンズカップも含む)とW杯の決勝でそれぞれゴールを決めたのは史上5人目の偉業だという。

 これまでフェレンツ・プスカシュ氏(レアル・マドリード/ハンガリー代表)、チボル・ゾルターン氏(バルセロナ/ハンガリー代表)、ゲルト・ミュラー氏(バイエルン/西ドイツ代表)ジネディーヌ・ジダン氏(レアル・マドリード/フランス代表)が達成していた。

 また『Opta』によると、W杯の同一試合でオウンゴールとゴールを決めた選手は史上2人目。1978年アルゼンチン大会・2次リーグのイタリア戦でオランダ代表のエルニー・ブランツ氏が両サイドのゴールネットを揺らしていたという。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング