FOLLOW US

W杯史上初の珍事、シュート0本で先制点…決勝戦のオウンゴールも初

ロシアW杯決勝はマンジュキッチのオウンゴールで先制点が生まれた [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦。先制点は今大会12点目となるオウンゴールによって生まれた。

 フランスは18分、ペナルティエリア手前右でFKを得ると、FWアントワーヌ・グリーズマンがゴールへ向かうクロスを供給。ボールは中央の混戦の中でクロアチアFWマリオ・マンジュキッチの頭をかすめてネットを揺らし、オウンゴールでフランスが先制に成功した。

 データ会社『Opta』によると、W杯決勝でのオウンゴールは史上初のこと。さらに、この先制点は両チームがシュートを放つ前に生まれており、これもW杯史上初の珍事だったようだ。

 また、今大会のオウンゴール数はW杯最多12点。これまで過去最多だったのは1998年フランス大会の6点で、今大会は2倍を記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA