2018.07.15

ベルギー守護神クルトワ、仏代表への批判を謝罪「行き過ぎたものだった」

ティボ―・クルトワ
フランス代表への批判を謝罪したクルトワ [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ベルギー代表GKティボー・クルトワ(チェルシー)が、フランス代表に対する批判のコメントを謝罪した。14日、イギリスメディア『スカイスポーツ』を始め複数メディアが報じている。

 ベルギー代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝でフランス代表と対戦。フランスの守備的な戦い方を痛烈に批判していた。

 クルトワはW杯3位決定戦終了後のインタビューに応じ、自身のコメントについて次のように弁明し謝罪している。

「自分のリアクションは少し行き過ぎたものだったかもしれない。フランス国民はいい気分ではないだろう。今は申し訳ないと思っているよ。負けたことによって少しナーバスになっていたんだ。あんな風に言ったけど、彼らが優れたパフォーマンスを見せていなかったわけではない。フランスは全力を尽くしていたし、そのため僕らは、うまくプレーできなかった。(勝利することが大切と言った)グリーズマンは正しいよ。最も大切なのは勝つことだ」

 クルトワ擁するベルギー代表は3位決定戦でイングランド代表と対戦し2-0と勝利し、見事3位入賞を果たしている。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る