2018.07.14

イングランド代表デルフ、“ある思い”を告白「スーパーヒーローとして…」

ファビアン・デルフ
素直な思いを語ったイングランド代表MFデルフ [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦っているイングランド代表MFファビアン・デルフが、今大会に秘めていた“ある思い”を口にした。イギリス紙『デイリーミラー』が13日に伝えている。

 ベスト4まで進出したイングランドは、1966年大会以来52年ぶりの優勝を見据えていたが、クロアチアの前に敗れ去った。ここまで3試合に出場しているデルフは、W杯を制覇することに自信を持っていたと語った。

「キャンプを始めた時から雰囲気が良く、トーナメントも上手くいっていた。人々の注目を集め、ロールモデルとなって、スーパーヒーローとして帰国できると思っていたんだ。本当に大会を制覇できると思っていた。でも、それは叶わなかった」

 一方で、イングランド代表が勝ち進んだことの影響についても以下のように明言した。

「国がひとつになったと思っているよ。言葉にすることは難しいけれど、この大会を通じて、多様性が人々を結びつけたと思う。国にとっても、選手にとっても良いことだ。チームを応援してくれた人たちが、我々と同等のことを成し遂げるための後押しになったとも思う」

 クロアチア代表との準決勝に敗れたイングランド代表は、14日にベルギー代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る