FOLLOW US

仏守護神ロリス、“レジェンド”アンリ氏との対戦は「少し奇妙なこと」

ベルギーコーチの(右)アンリ氏について語った(左)ロリス [写真]=Getty Images

 フランス代表GKウーゴ・ロリス(トッテナム)が、10日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア・準決勝のベルギー代表戦を前に、同代表のアシスタント・コーチを務めるティエリ・アンリ氏について語った。9日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ロリスは、フランス代表のレジェンドとして知られているアンリ氏について「僕は幸運にも彼(アンリ)と2年間代表で一緒にプレーすることができた。彼は素晴らしい選手だった」とコメント。同代表として123試合に出場して51ゴールを記録し、1998年大会ではW杯初優勝にも貢献した同氏を絶賛した。

 準決勝は、アンリ氏がアシスタント・コーチを務めるベルギーとの対戦となることにロリスは、次のように語った。

「彼がベルギーのチームにいることは少し奇妙なことだよ。でも、これは彼のキャリアだし、将来のために色々と学んでいるということも分かる。明日、彼は複雑な心境になるだろう。しかし、僕たちも彼のことはよく知っている。サッカーに多くの情熱を持っている人だ。彼は全力を尽くしてベルギーの勝利のためにチームを助けるだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA