2018.07.08

「何の感情も残っていない」ロシア代表MFゾブニン、打ちひしがれる

サッカー総合情報サイト

 7日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア準々決勝で開催国のロシア代表とクロアチア代表が対戦。2-2(PK3-4)でロシアは敗れた。試合後同代表MFロマン・ゾブニンが失意のコメントを残している。

 史上初の準決勝進出へ向け、クロアチアとの大一番に臨んだロシアは粘り強いプレーをみせた。しかしPK戦の末、惜しくも敗戦。悲願のベスト4進出とはならなかった。ゾブニンはインタビューに応じると次のように話している。

「今は何の感情もない。全てを出し切ったが今日は運が味方してくれなかった。打ちひしがれているよ」

「今回も前回(スペイン戦)と同じようにPKキッカーを自分たちで決めたよ。今日僕はピッチ上で全力を尽くした。もう何も感情は残っていない。とにかく落胆しているんだ」

PKで惜しくも敗れたロシア代表 [写真]=Getty Images

「最後まで応援してくれたファンの方々には感謝したい。今日は全力で戦ったけれど、本当に運がなかったよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る