2018.07.07

自国開催で躍進…ロシア代表ゴロヴィン、すでにチェルシーと契約?

アレクサンドル・ゴロヴィン
チェルシー移籍が噂されるゴロヴィン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 自国開催の2018 FIFAワールドカップ ロシアで鮮烈なパフォーマンスを披露しているロシア代表MFアレクサンドル・ゴロヴィン(CSKAモスクワ)に移籍の噂が浮上した。6日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 W杯開幕戦で1ゴール2アシストをマークしたゴロヴィン。決勝トーナメント1回戦のスペイン代表戦では、延長戦に突入後も走り続け、1試合を通じて15.957キロメートルの走行距離を記録したことも話題となっていた。

 同選手の去就について、注目の発言をしたのは元CSKAモスクワ指揮官のヴァレリー・ガザエフ氏。「ゴロヴィンはどこに移籍すれば自分にとっていいか決断するだろう。私が知っている限りでは、彼はすでにチェルシーとの契約にサインしたようだ。それは彼にとっていい選択肢だと思っている」と移籍先についてコメントした。

 なお、現在22歳のゴロヴィンにはチェルシーだけではなく、他のプレミアリーグのクラブや、ユヴェントスも関心を示している模様。移籍金は2500万ユーロ(約32億円)から3000万ユーロ(約39億円)となることが予想されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る