FOLLOW US

グリーズマン、得点を喜ばなかった理由は「ウルグアイへのリスペクト」

この日のMOMに輝いたグリーズマン [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの準々決勝が6日に行われ、フランス代表がウルグアイ代表を2-0で下した。試合後、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)が、インタビューに応えた。

 最初に、グリーズマンはここまでの4試合をわずか1失点で抑えている強固な守備が自慢のウルグアイ代表をどのように攻略したのかを話した。

「自分たちでボールを保持して、とにかくペナルティエリア付近までボールを持ち込むことが大事だったね。その結果として獲得したフリーキックから得点が生まれた。その後は試合を自分たちのペースで運べた。今日の戦いはプラン通りだったと思う」

 グリーズマンといえば、先日にFIFAの公式サイト上で「ウルグアイは僕の第二の祖国だ」と発言したことで話題となっている。グリーズマンは同試合でゴールを決めたが、あまり喜びを露わにしていなかった。“ウルグアイ愛”とゴール後の表情が関係しているのかどうか問われたグリーズマンは「勝負の場では別の話だよ」と前置きしつつ、以下のように続けた。

「プロとしてスタートした時、サッカーの良いことも悪いこともウルグアイ人から教わった。僕はウルグアイ代表選手とウルグアイの友人たちをとてもリスペクトしている。だからゴール後のセレブレーションは行わなかった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA