2018.07.05

2-0は本当に危険なスコアなの? プレミアの過去データをもとに検証

日本代表
ベルギーを相手に逆転負けを喫した日本代表 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアでベスト16敗退に終わった日本代表。ベルギー代表との決勝トーナメントでは2点先行しながら、後半に3失点を喫し、2-3の逆転負けを喫した。

 その試合後、SNS上では「やはり2-0は危険なスコア」という声が続出した。サッカーファンの間ではお馴染みとなっている格言だが、果たして2-0というスコアは本当に危険なのか。今回は、データ会社『Opta』の情報をもとに検証してみた。

 モデルケースとなったのはプレミアリーグ。対象期間は、1992年のリーグ創設時から2016-17シーズンまで。この間、ゲーム途中に2点差がついたのは、計2766試合あったという。そして、最終結果は以下のようになったとされる。

■2点リードを奪ったチームの最終結果 (サンプル数:2766試合)
・勝利:2481試合(89.7パーセント)
・引き分け:73試合(2.6パーセント)
・敗戦:212試合(7.7パーセント)

 やや意外な結果かもしれない。2点リードを奪ったチームが勝利を手にする確率は、ほぼ9割に達する。2点差を逆転されるケースは、7.7パーセント。つまり、10回やっても逆転される確率は1回未満ということになる。この数字の解釈については意見が分かれるかもしれないが、「頻発している」とは言い難い。

 なお、国際サッカー連盟(FIFA)によると、W杯で2点差を逆転されて敗れたチームは、日本で7番目になるという。決勝トーナメントでは、1970年メキシコ大会の準々決勝でイングランドが西ドイツ相手に2-3と敗れて以来、48年ぶりの出来事。非常に珍しいケースで、だからこそ世界中に与えたインパクトは大きかった。

 では、他の点差ではどんな結果が出ているのだろうか。「1点差」と「3点差」がついた試合の最終結果は以下のとおり。

■1点リードを奪ったチームの最終結果(サンプル数:5721試合)
・勝利:2987試合(52.2パーセント)
・引き分け:1747試合(30.5パーセント)
・敗戦:987試合(17.3パーセント)

■3点リードを奪ったチームの最終結果(サンプル数:1119試合)
・勝利:1099試合(98.2パーセント)
・引き分け:16試合(1.4パーセント)
・敗戦:4試合(0.4パーセント)

 やはりと言うべきか、1点リードはまったく“安パイ”ではない。1点のリード、つまり先制したとしても、そのまま逃げ切りに成功する確率は50パーセントを少し上回る程度。一方で、逆転負けを喫する確率は17.3パーセントと、5回に1回程度はスコアをひっくり返されている。2点リードから逆転負けを喫する確率(7.7パーセント)と比較すると、2倍以上の差がある。

 対照的に、3点のリードは“安全圏”と言える。3点差をつけてしまえば、98パーセント以上の確率で勝利を手にすることができているからだ。サッカーは点が入りにくいスポーツ、という特徴をよく表すデータかもしれない。

 さて、結論としては、2-0は巷で考えられているほど「危険なスコア」とは言えないのではないだろうか。「“ある程度”危険なスコア」ではあるかもしれないが、あえて身構えるほどではない。1点リードの方が逆転の確率が高いのは、前述のデータからも明らかになっている。当たり前と言えば当たり前のことだが、2点リードを追いつかれたり、逆転されたりした試合は、強烈な印象として記憶される。そのため、「2-0が危険なスコア」だと錯覚してしまっているのかもしれない。

 もちろん、今回はプレミアリーグのデータをもとに検証しただけであり、W杯となると話は違ってくる可能性もある。ただ、ベルギー戦の逆転負けを今後の教訓にする一方で、2-0というスコアをあまり脅威に感じる必要はないと言えるだろう。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る