2018.07.04

集大成の舞台終え…ロシアW杯を最後に代表引退を表明した選手たち

イニエスタ、マスチェラーノ、マルケス、トーレス、アズムン
(左から)イニエスタ、マスチェラーノ、マルケス、トーレス、アズムン [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 日本代表MF長谷部誠が7月3日に自身の公式インスタグラムを更新し、代表チームからの引退を表明した。2006年2月にA代表デビューを果たし、FIFAワールドカップは2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会、そして今回のロシア大会と3大会連続で出場。いずれもキャプテンを務め、日本代表を支えてきた。

 4年に一度のW杯は祭りであると同時に、選手たちにとってキャリアの集大成の舞台でもある。そこで今回は、ロシア大会を最後に代表から退くことを発表した5人の男たちを紹介する。(情報は全て7月4日時点のもの)

アンドレス・イニエスタ
スペイン代表MF (34歳)
代表通算:133試合出場13得点

スペインの黄金期を支えたイニエスタ [写真]=Getty Images

 2006年のデビュー以来、スペイン代表の黄金期を支えてきたイニエスタ。2010年の南アフリカW杯決勝で決勝ゴールを決め、母国に初の世界制覇をもたらし、2008年と2012年のユーロ連覇にも多大な貢献を果たした。代表ラストマッチとなった決勝トーナメント1回戦のロシア代表戦では、W杯14試合目にして初の途中出場。PK戦では1人目のキッカーを務め、軽々とキックを成功してみせたが、チームは惜しくも敗退が決まった。「いつも夢に描いた終わり方ができるわけではない。最高のお別れではなかったが、これがサッカーであり人生なんだ」。代表引退の意向を明らかにしたインタビューでそう語った34歳は、夢の続きをヴィッセル神戸で見せてくれることだろう。

ハビエル・マスチェラーノ
アルゼンチン代表MF (34歳)
代表通算:147試合出場3得点

アルゼンチンの“裏のボス”マスチェラーノ [写真]=Getty Images

 リオネル・メッシが“表のボス”だとしたら、“裏のボス”、あるいは“真のボス”はマスチェラーノだった。実際、「ヘフェシート(小さなリーダー)」という愛称を持つ。147試合出場はアルゼンチンの歴代最多記録。当時19歳の2003年7月に代表デビューして以来、常に勝利への執念を見せ、所狭しとピッチを走りまわった。だが、代表ではタイトルを獲得できず。コパ・アメリカとW杯で計5回の決勝進出を果たしたものの、常にあと一歩が足りなかった。今大会はフランス代表に敗れて、ベスト16で敗退。それでも闘将の奮闘ぶりは多くのサッカーファンの記憶に刻まれたことだろう。なお、ボランチで長年パートナーを組んできたMFルーカス・ビリアも代表引退を表明。バトンを受け継ぐ若い選手たちの奮起に期待がかかる。

ラファエル・マルケス
メキシコ代表MF (39歳)
代表通算:146試合出場19得点

マルケスはW杯5大会連続出場 [写真]=Fantasista/Getty Images

 初戦のドイツ代表戦で後半途中から出場し、W杯史上3人目となる5大会連続出場を達成すると、出場した全ての大会で決勝トーナメント進出を果たした。代表ラストマッチとなった2日のブラジル代表戦では、キャプテンマークを着用。39歳139日での先発出場を果たすと、豊富な経験に裏打ちされたポジショニングで王国・ブラジルの選手たちと対等にわたりあった。残念ながら0-2で敗れ、メキシコは7大会連続のベスト16敗退が決定。「カイザー(皇帝)」の呼び名を持つマルケスも、世界トップ8の壁を打ち崩せないまま代表を退くこととなった。しかし、メキシコが生んだ国民的英雄はW杯に愛されたレジェンドとして、これからもサッカーファンの記憶に残り続けるはずだ。

ロマン・トーレス
パナマ代表DF (32歳)
代表通算:114試合出場10得点

トーレス

パナマを初のW杯出場に導いたトーレス [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

 史上初のW杯出場を果たしたパナマで、キャプテンマークを巻いたトーレス。予選最終戦で母国をW杯に導く決勝ゴールを決めて英雄となったが、迎えた本番では“世界の壁”の高さを痛感させられた。イングランド代表、ベルギー代表、チュニジア代表と対戦したグループステージは3戦全敗。得失点差「-9」は、参加32カ国の中で最低の成績だった。それでも、イングランド戦では37歳のDFフェリペ・バロイが記念すべきW杯初得点を記録。同国のサッカー史に新たな1ページを刻んだ。パナマとコロンビアのクラブを経て、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズに所属するトーレスにとっても、世界最高峰のサッカーを肌で感じることができたことは今後の人生の糧となるだろう。なお、パナマでは、トーレスの他にも5名が代表引退を発表。今後は世代交代が急速に進みそうだ。

サルダル・アズムン
イラン代表FW (23歳)
代表通算:36試合出場23得点

アズムンは23歳の若さで代表引退を表明した [写真]=Getty Images

 “イランのメッシ”とも称されるアズムンはグループステージ敗退が決まった直後、突然の代表引退を宣言した。イランはグループステージ初戦でモロッコ代表に勝ち、20年ぶりのW杯勝利を達成。金星は奪えなかったものの、同組のスペインとポルトガル代表相手にも好ゲームを演じた。だが、3試合無得点に終わったアズムンはSNS上で批判の的に。重病から回復途中にある母親を侮辱する投稿もあったとされ、これが代表引退を決断する主因となったようだ。まだ23歳で、これからのイランを背負って立つ逸材だっただけに、カルロス・ケイロス監督も頭を抱えているはずだ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング