2018.07.01

日本対ベルギーの審判団はセネガル人トリオに…これまで2試合を担当

マラン・ディエディウ氏
日本対ベルギーの主審に決定したディエディウ氏 [写真]=FIFA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7月2日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦、日本代表とベルギー代表の一戦で笛を吹く審判団が決定した。国際サッカー連盟(FIFA)が発表している。

 同試合を担当するのはセネガル人審判団であるマラン・ディエディウ主審、ジブリル・カマラ副審、エル・ハジ・サンバ副審に決定した。第4審判にはガンビア人のバカリ・パパ・ガサマ氏が任命されている。

 ディエディウ主審は今大会、6月17日に行われたコスタリカ代表対セルビア代表と、25日に行われたウルグアイ代表対ロシア代表の計2試合を既に裁いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る