2018.06.27

「SFとして定義」…スペイン紙、メッシのゴールを絶賛「最も難しい」

メッシ
ナイジェリア戦で鮮やかな先制点を決めたメッシ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 26日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第3節で、グループDではナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦。アルゼンチンが2-1と競り勝ち、逆転でのグループステージ突破を決めた。

 アルゼンチンは14分、エースのFWリオネル・メッシが先制ゴールを記録。待望の今大会初得点を、スペイン紙『アス』が「この大会で最も難しい」ゴールであると絶賛した。

 メッシは14分、MFエベル・バネガからのロングパスに反応。ペナルティーエリア手前で落下点に入り、左太ももでトラップすると、すぐさま左足で前方へ持ち出す。鮮やかなボールコントロールでエリア内に入り、右足シュートでゴールネットを揺らした。

 非常に高度な技術で生み出されたゴールについて『アス』は「このワールドカップで最も難しい得点だ。メッシ、彼でなければ…(不可能だっただろう)」と表現。「バネガからのパスが空から降りてきて、メッシは非常に少ないボールタッチとクオリティーで運んだ。SFのものとして定義できる」とたたえている。

 メッシの今大会初得点で先制に成功したアルゼンチンは、最終的に2-1と競り勝った。1勝1分け1敗の勝ち点「4」となり、グループ最下位から2位に浮上。逆転での決勝トーナメント進出を決めた。30日の決勝トーナメント1回戦では、グループCを首位で通過したフランス代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る