FOLLOW US

モロッコ戦ドローも…イニエスタ「僕はいつも自分を肯定的に見ている」

モロッコ戦でアシストを記録したイニエスタ[写真]=Getty Images

 スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループB第3戦モロッコ戦後にコメントしている。26日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 引き分け以上でグループステージ突破が決まるスペイン代表は、モロッコ代表に2度のリードを許した。1-2で迎えた試合終了間際の後半アディショナルタイム、DFダニエル・カルバハルのクロスにニアで反応したFWイアゴ・アスパスが同点ゴールを挙げて敗戦を免れた。

 イニエスタは「僕はいつも自分を肯定的に見ている」と2-2のドローに終わったが悲観的にはなっていないとコメント。

 また、「僕たちは首位通過という目標を達成した。W杯は厳しいものだが、次の試合も対戦相手を分析して臨むつもりだ」と意気込みを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO