2018.06.25

ケイン、W杯でのハットトリックはイングランド史上3人目…得点ランク首位に

ケイン
パナマ戦でハットトリックを達成したイングランド代表FWケイン [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 24日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2節で、イングランド代表はパナマ代表に6-1と圧勝。2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 大手メディア『ESPN』によると、イングランドがW杯で1試合6得点を記録したのは史上初。過去最高は1試合4得点(2回記録)だったが、記録を更新した。

 さらに個人記録では、FWハリー・ケインがイングランド史上3人目のハットトリックを達成。同選手は前半に2本のPKを成功させ、62分に自身3得点目を挙げた。MFルベン・ロフタス・チークのシュートが足に当たってコースが変わり、ゴールへ吸い込まれるという幸運な形だったが、イングランド史上3人目の快挙をもたらすプレーとなった。

 イングランドで過去にW杯でのハットトリックを達成したのは、自国開催の1966年大会決勝(西ドイツ代表戦)でのFWジェフ・ハースト氏、そして1986年のメキシコ大会・グループステージのポーランド代表戦でのFWゲーリー・リネカー氏。ケインが史上3人目となった。なおケインは今大会での得点数を「5」に伸ばし、得点ランキング首位に立っている。

 イングランドはグループステージ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。28日の第3節では、勝ち点、得失点差、総得点で並ぶベルギー代表と対戦。首位突破を懸けた一戦に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング