FOLLOW US

「キャリアで最もつらい瞬間」アイスランド主将シグルズソン、PK失敗を悔やむ

アイスランドの主将ギルフィ・シグルズソン [写真]=Getty Images

 アイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンがPK失敗を悔やんだ。イギリスメディア『Toffeeweb』が伝えている。

 22日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループDの第2戦が行われ、アイスランド代表はナイジェリア代表と対戦し、0-2で敗れた。シグルズソンは0-2で迎えた83分、PKのキッカーを務めたが、シュートを枠の外に外してしまっていた。

惜しくもPKは外れた… [写真]=Getty Images

 試合後、インタビューに応じたシグルズソンはPK失敗を含め試合を振り返った。

「この試合は勝たなくてはならない試合だった。実際、前半途中には勝てるんじゃないかと感じていたからね。この結果にはとても失望している」

「(PK失敗は)とても厳しい出来事だ。僕のキャリアの中で、最もつらい瞬間だったことは間違いない」

 なお、グループD第3戦では、アイスランドは26日にクロアチア代表と、ナイジェリアは27日にアルゼンチン代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA