2018.06.19

イスコ、W杯直前に就任のイエロ監督に言及「現状を理解している」

イスコ
ポルトガル戦に出場したイスコ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペイン代表MFイスコ(レアル・マドリード)がフェルナンド・イエロ監督についてコメントした。18日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 レアル・マドリードの指揮官就任が発表されたことを受け、スペインサッカー連盟(RFEF)は13日にフレン・ロペテギ監督を電撃解任。イエロ氏が急きょ、代表チームを率いて2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むこととなった。

 このような中で、イスコは「イエロ監督は現状を理解している。僕たちのスタイル、すでにやってきたことを知っているので、多くの変更は行われない」とロペテギ監督時代からスタイルを大きく変更することはないとコメントしている。

 また、「スペインはサッカー史上最高のチームの一つだということは誰もが知っている。皆が、僕たちがファイターであることを知っているし、試合が終わるまで集中を切らさずに全力で戦うつもりだ」と意気込みを語っている。

 スペイン代表は、20日にイラン代表とのグループステージ第2節を控えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る