2018.06.16

ナイジェリア代表の主将ミケル、人種差別は「心配していない」と断言

ジョン・オビ・ミケル
ナイジェリア代表の主将を務めるミケル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 16日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦のクロアチア代表戦を控えるナイジェリア代表。同代表で主将を務めるMFジョン・オビ・ミケル(天津泰達/中国)が人種差別の心配はしていないと語った。15日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

 ロシアでは、今年3月に行われたロシア代表とフランス代表との国際親善試合で、フランス代表の黒人選手に人種差別チャントが歌われたとして、FIFA(国際サッカー連盟)から2万2000ポンド(約325万円)の罰金が科されており、人種差別行為があったことが問題となっていた。

 しかし、ミケルはそのような行為を受ける可能性について「心配はしていないよ。みんな本当にいい人だと思っている」と語り、次のように続けた。

「ホテルでも、キャンプ地でも、どこであっても素晴らしいことがあった。ロシアの人々は我々に良くしてくれている。ナイジェリアのチームにはたくさんのロシア人がサポートしてくれている。何でかは分からないよ。もしかしたら、僕の彼女がロシア人だからかもしれないね。とにかく、ここはホームのように感じているし、多くのサポートが僕たちを助けてくれている」

 ナイジェリア代表は、ロシアW杯本大会でグループDに入り、16日の第1戦でクロアチア代表、22日の第2戦でアイスランド代表、そして26日の第3戦ではアルゼンチン代表と対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング