2018.06.14

2.6億円を節約? レアル、ロペテギ氏の電撃解任で契約解除金は不要に

フレン・ロペテギ氏
レアル・マドリード新監督のフレン・ロペテギ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは約2億6000万円を節約できるようだ。スペイン紙『アス』が13日に伝えている。

 12日、レアル・マドリードはスペイン代表監督のフレン・ロペテギ氏が来季からの新監督に就任することを発表した。しかし、同氏は代表監督としての契約を2020年まで延長していたため、200万ユーロ(約2億6000万円)の契約解除金をスペインサッカー連盟(RFEF)に支払うことが見込まれていた。

 しかし13日、RFEFは契約延長しながらもレアル・マドリードと交渉を行っていたロペテギ氏に激怒。ワールドカップ直前に同氏を解任していた。

 この電撃解任の結果、レアル・マドリードは見込まれていた2億6000万円の契約解除金を支払わずに済むという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る