2018.06.13

“ご意見番”セルジオ越後が選出! 「負けず嫌いな選手」ベストイレブン

サッカー総合情報サイト

 サッカー解説者としてお馴染みのセルジオ越後さんが#マイベストイレブンに選んだのは、「時に空回りをしてしまう、熱血漢ぞろいの負けず嫌い」の11人。曰く、「ブラジルには『神様は勝ちたくない者を勝たせない』という格言がある。勝負においては、勝ちたいと強く願うことが本来持っている能力を最大限に引き出すことになる。今回選んだ選手たちは、時に空回りをしてしまうがそれは勝ちたいという気持ちがあるからこそ。大舞台で退場になるくらいの、熱血漢ぞろいの負けず嫌いをそろえた」という。「相手に先制を許し、なかなか同点に追いつけない状況に陥ったら、このチームにとっては危機的状況」とハイリスクなメンバーであることも承知のうえで、才能ある選手たちがもっとも輝ける布陣として3-5-2を採用した。個々の選出理由は明かさず、「みなさんとあんなエピソードがあったよねと盛り上がれたらと思います」とメッセージを送っている。

写真=瀬藤 尚美


■フォーメーション:3-5-2  「負けず嫌いな選手」
FW:マリオ・バロテッリ、ルイス・スアレス
MF:ジーコ、ドゥンガ、ジネディーヌ・ジダン、ディエゴ・シメオネ、ドラガン・ストイコヴィッチ
DF:マルコ・マテラッツィ、ペペ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ
GK:オリヴァー・カーン

■オリヴァー・カーン(元ドイツ代表/GK)
「同僚の選手が、この世で怖いものを聞かれて、『戦争とオリヴァー・カーン』と答えたそう。幼稚園児が決めたゴールの数によって寄付金が集まるというイベントで、すべてのシュートを止めてしまったという逸話を持つくらいだからね。もちろん、すべてのゴールが決まった時と同等の金額を寄付したらしいけど。2002年W杯日韓大会の決勝でブラジルに敗れた後、ポストに寄りかかりながら座り、悔しそうな顔をしていただのが印象的だったよね」

■ジェンナーロ・ガットゥーゾ(元イタリア代表/MF)
「現役時代は『闘犬』の異名どおり、絶対にボールを奪うんだという迫力を持ってプレーしていた。その情熱的で、戦う姿勢は監督になってからも変わらないよね。今回は本来のポジション(MF)ではなくDFとしてプレーしてもらおうと思っているんだけど、私に代わって誰かお願いをしてくれないかな?」

■ペペ(ポルトガル代表/DF)
「ユーロでは3大会連続で優秀選手に選出されたように、卓設したボールテクニック、ポジショニングセンス、速さと強さを兼ね備える素晴らしい選手。ただ、熱くなりすぎてしまうと……」

■マルコ・マテラッツィ(元イタリア代表/DF)
「屈強な肉体とアグレッシブなプレースタイルで、勝つためには手段を選ばないという気持ちが見える選手だね」

■ディエゴ・シメオネ(元アルゼンチン代表/MF)
「相手をイラつかせるような執拗なマークが売りの選手だったね。ガットゥーゾ同様に、シメオネも監督になってからも熱さが増すばかり。その思いが選手たちにきちんと伝わっているからこそ、指揮官として成功しているんだろうね」

■ドゥンガ(元ブラジル代表/MF)
「ジュビロ磐田に勝利のメンタリティーを植え付けたのは、ドゥンガであることに誰も異論はないだろう。険しい顔をしながらチームメイトを怒鳴りつける姿からは、『絶対に勝ちたいんだ』という強い闘志が伝わってきたね。ドゥンガがいたからこそ、磐田の日本人選手の才能が花開いたのだろう」

■ドラガン・ストイコヴィッチ(元ユーゴスラヴィア代表/MF)
「ピクシーも、情熱的なプレーでチームをけん引する選手だったね」

■ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表/MF)
「エレガントなプレーで、多くのゴールと勝利を生んだジダン。説明の必要のない選手だね」

■ジーコ(元ブラジル代表/MF)
「ドゥンガとジュビロの関係以上に、ジーコがいたから、いまの“常勝”鹿島があると言っていいだろう。Jリーグ開幕戦でハットトリックを達成して勝利へ貢献し、勢いそのままにチームを1stステージ優勝に導いた。勝つために必要なことを鹿島に植え付けた人物だね」

■ルイス・スアレス(バルセロナ/FW)
「エールディビジ(オランダ1部)、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラと、3つのリーグで得点王を獲得したストライカー。その実力は疑いのないものだね」

マリオ・バロテッリ(ニース/FW)
「スアレス同様、その実力に疑いの余地はないストライカーだけど、ピッチ内外でのお騒がせ具合はスアレス以上だね」

あなたは誰を選ぶ?#マイベストイレブンはこちらから https://mybesteleven.com

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る