FOLLOW US

「結果による」…31歳を迎えるメッシ、ロシアW杯後に代表引退か

バロンドール5回受賞しているリオネル・メッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同代表チームからの引退を示唆した。11日付でイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 世界最高の選手として名高いメッシは過去に、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016決勝でチリ代表に敗れたことをきっかけに一度、代表引退を表明していた。

 しかしその後、ファンのサポートなどもあって引退を撤回したメッシ。今回の2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選でもアルゼンチン代表を主将として牽引していた。

アルゼンチン代表のキャプテンとして率いるリオネル・メッシ [写真]=Getty Images

 アルゼンチンの大統領マウリシオ・マクリ氏からもアルゼンチンがW杯で優勝できるかどうかは、「『God and Messi』だけで決まるだろう」と言われるほどアルゼンチン中の期待を背負うメッシ。同メディアによると、メッシの代表でのキャリアは今回のW杯のアルゼンチン代表の結果によるという。

 6月24日に31歳を迎えるメッシは、ワールドカップの後に引退するかどうかの質問に対し、スペインメディアに次のように語った。

「わからないよ。でも僕たちがどうなるか、どういう結果を残せるかによると思う。何度も決勝で敗れているという事実が僕に複雑な心境をもたらしている」

「決勝まで辿り着くことは容易ではないし、決勝に値するプレーはみせてきた。でも、勝利が重要だ。そして、その勝利が本当に容易ではないんだ…」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA