2018.06.10

豪華な中盤抱える英代表、ヘンダーソンは「どこでもプレーできる」

ジョーダン・ヘンダーソン
イングランドの中盤の要となるジョーダン・ヘンダーソン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド代表ジョーダン・ヘンダーソンがW杯へ向けコメントを残した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が9日に伝えている。

 同メディアによると、イングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督は中盤の構成に悩んでいるという。特に、エリック・ダイアー(トッテナム)、ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)、ルベン・ロフタス・チーク(クリスタル・パレス)、ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)、デレ・アリ(トッテナム)という豪華なミッドフィルダーを抱える同代表において、リヴァプールと代表で主将としてチームをまとめることが多いヘンダーソンが、どういう役割で、どの位置でチームで動くのかはカギになる。

 ヘンダーソンは「どこでもプレーできる」と語りはじめると、イングランド代表への忠誠を語った。

「中盤においては多くの役割をやってきたし、様々なポジションに慣れてきた。どのポジションでもかなり快適にできるだろう」

イングランド代表でプレーするとき、僕はベストを尽くし、いつもすべてをだし尽くそうとしているよ。あとは、どの選手が11人になるかは監督が決めることだ」

「クラブと代表での僕の役割は変わってきた。前はゴールに積極的に関わってきたが、今は他の選手のゴールに関わることが多いし、今はゴールを守るために動くのも僕の役割だ。これからも創造的なプレーをし続けるよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る