2018.06.09

セネガルがクロアチアに2失点敗戦…ポーランドはチリとドロー/グループH親善試合結果

ポーランド対チリ
ポーランドのエース、ロベルト・レヴァンドフスキ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 8日に国際親善試合が開催され、2018 FIFAワールドカップロシアで日本代表と同じグループHに入るセネガル代表ポーランド代表がそれぞれW杯を想定した相手と対戦した。なお、コロンビア代表は2日にエジプト代表と試合を既に行いスコアレスドローに終わっている。

 ポーランド代表は、“仮想コロンビア”としてチリ代表と対戦した。30分、ペナルティエリア手前左でボールを受けたロベルト・レヴァンドフスキが豪快な左足ミドルシュートを決めて先制点を記録。4分後には、左サイドで抜け出したカミロ・グロシツキのクロスに中央でフリーになっていたピオトル・ジエリンスキが冷静に合わせて追加点を決めて見せた。しかし、その後2点を返され、ドローで試合は終了。守備面に課題を残すカタチとなった。

【スコア】
ポーランド代表 2-2 チリ代表

【得点者】
1-0 30分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド)
2-0 34分 ピオトル・ジエリンスキ(ポーランド)
2-1 38分 ディエゴ・バルデス(チリ)
2-2 56分 ミーコ・アルボルノス(チリ)

 仮想ポーランドのクロアチアと対戦したセネガルは、エースのサディオ・マネが復帰。試合を通して相手陣内でプレッシャーをかけた。前半は両者ゴールを奪えず折り返すと、後半開始直後に試合が動く。48分、アルフレッド・エンディアイェが前線にロングフィードをだすと、イスマイラ・サールがディフェンスラインを抜け出しワントラップしてシュート。これがゴールに吸い込まれセネガルが先制に成功した。その後、クロアチアがFKで追いつくと、78分には逆転ゴールを奪い試合は終了。セネガルは逆転負けを喫した。

【スコア】
セネガル代表 1-2 クロアチア代表

【得点者】
1-0 48分 イスマイラ・サール(セネガル)
1-1 63分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
1-2 78分 アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)

 セネガル代表は6月11日に“仮想日本”の韓国代表と、ポーランド代表は同月12日に“仮想セネガル”のリトアニア代表と親善試合を行う予定。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る