2018.06.08

アイスランド、2点差守り切れずガーナとドロー…初出場のW杯へ不安

アイスランド代表
アイスランド代表はW杯前最後の試合をドローで終えた(写真は3月のもの) [写真]=Icon Sportswire via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が7日に行われ、アイスランド代表とガーナ代表が対戦した。

 アイスランド代表は、2018 FIFAワールドカップ ロシアが大会初出場となる。この試合が、大会開幕前最後の一戦だ。スターティングメンバーには10番を背負うギルフィ・シグルズソンやヨーハン・ベルク・グズムンドソンらが入っている。一方のガーナ代表は今大会の出場権を逃しているが、トーマス・パルティやエマニュエル・ボアテングといった面々が先発に名を連ねた。

 先手を取ったのはアイスランド。試合開始早々の6分に右CKをカリ・アルナソンが頭で合わせ、先制に成功した。40分にはシグルズソンのシュートのこぼれ球をアルフレズ・フィンボガソンが決め、アイスランドがリードを2点に広げる。

 2点を追いかけるガーナは66分、右CKからカシム・ヌフのゴールで1点を返す。さらに87分、ガーナはトーマスが左からの低いクロスを冷静に沈め、同点に追いついた。試合はこのまま2-2で終了のホイッスルを迎えている。

 アイスランド代表は2点のリードを守り切れず、W杯本大会に向けて不安を残した。グループステージでは16日にアルゼンチン代表と、22日にナイジェリア代表と、26日にクロアチア代表と対戦する。

【スコア】
アイスランド代表 2-2 ガーナ代表

【得点者】
1-0 6分 カリ・アルナソン(アイスランド代表
2-0 40分 アルフレズ・フィンボガソン(アイスランド代表
2-1 66分 カシム・ヌフ(ガーナ代表)
2-2 87分 トーマス・パルティ(ガーナ代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る