2018.06.03

イングランド指揮官、ナイジェリアに勝利も「課題が見つかって良かった」

ガレス・サウスゲート監督
試合を振り返ったサウスゲート監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が、6月2日に行われた国際親善試合のナイジェリア代表戦を振り返った。6月2日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が同監督のコメントを伝えている。

 イングランド代表はガリー・ケーヒルとハリー・ケインが得点を挙げ、ナイジェリア代表を2-1で下した。サウスゲート監督は試合内容を、次のように振り返った。

「前半の内容は素晴らしかったね。落ち着いて最終ラインから1タッチや2タッチの細かいパスを繋ぐことが出来ていた。後半も決して悪くはなかったが、前半と比べると質が落ちたように感じる」

 サウスゲート監督は試合内容に満足感を示しつつも、同試合で課題が見つかったことも明かした。

「後半に入ってナイジェリアのフォーメーションが変わったことや、素早い攻撃を繰り広げた相手の中盤にうまく対応できなかった。しかし、今日の試合はあくまでテストマッチだ。このタイミングで課題が見つかって良かったよ」

 最後にサウスゲート監督は「W杯までの期間で最も大事なことは、選手たちを守ることだ。選手たちはお互いをリスペクトしてプレーしている」と述べ、選手たちを過度なプレッシャーなどから擁護することが重要だと語った。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアでグループGに入ったイングランド代表は、6月18日の第1戦でチュニジア代表、24日の第2戦でパナマ代表、そして28日の第3戦ではベルギー代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る