2018.06.01

W杯最多得点のクローゼ氏、注目のFW5名を紹介…「完璧」と称したのは?

クローゼ氏が注目している5選手 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元ドイツ代表FWで、現在は2018 FIFAワールドカップ ロシアを控える同代表のコーチングスタッフとして帯同しているミロスラフ・クローゼ氏が、世界のトップストライカーについて語った。同氏は5月30日のドイツメディア『スポーツビルト』のインタビューに応じている。

 来シーズンからバイエルンのU-17チームで指揮を執ることが決まっているクローゼ氏は、指導者としての目線で選手を評価しているようだ。「トップストライカー」5名とクローゼ氏のコメントは以下のとおり。

(1)ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ/ドイツ代表)
「ティモのような選手はこれまでのドイツ代表にはいなかった。彼のプレーは独特だね。信じられないほどのスピードがあり、サイドから中央に入っていくフリーランニングのコース取りも素晴らしい。彼のようなプレーをする選手は今まで見たことがない。私たちコーチングスタッフは、彼がまだまだ大きなポテンシャルを秘めていることを記録している。ときどき、無駄に難しいプレーを選択してしまう時もある。彼はまだまだ学ばないといけないことがたくさんあるよ」

(2)クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/ポルトガル代表)
「彼とは何度も対戦したことがある。スーパーなゴールへの嗅覚を持っていて、シュートもファンタスティックだ。彼は状況を予測して、完璧なタイミングでパスコースに顔を出す。この彼の優れた動きには、対応するディフェンスも遅れて反応するしかない。彼の今のコンディションなら、彼のシュートを抑えるのは難しいね」

(3)ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
「彼は完璧なストライカーだね。ヴォルフスブルクにいたエディン・ジェコも突出したストライカーだ。彼もどのチームに行ってもすぐに適応できるクオリティーを備えている。彼らは、自身がゴール前でチャンスを演出してくれるチームが必要としている。でも、レヴァンドフスキは現在で最も完璧なストライカーだ。彼は本当にストライカーとして必要な能力を全てを持ち併せている」

(4)リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
「メッシは(ストライカーだけではなく)サッカー選手として全ての能力を備えていて、ファンタスティックだよ。私のお気に入りの選手でもあるんだ。メッシは典型的なストライカーというわけではないけれど、このポジションでもプレーができる。ピッチ上をフラフラしながら機会を伺っていて、一度彼のプレーが爆発すると、止めることは不可能だ。アルゼンチンのアタッカー陣は信じられないほど豪華だ。イカルディが代表に入れないのだから。アルゼンチン代表はワールドカップで最も強力なストライカーを備えたチームだよ」

(5)トーマス・ミュラー(バイエルン/ドイツ代表)
「トーマスは、ワールドカップの各大会で平均5得点という成績を維持できるだろう。今回が彼にとって最後の大会になることもないだろうし、どのポジションにでも起用できる選手だ。彼はどんなサッカーにもすぐに適応できて、自分自身だけではなく、チームメイトのためにもチャンスを演出できる。彼は、その存在自体がチームにとって重要なんだ。ロシア・ワールドカップでも素晴らしいプレーを見せてくれるだろう。私のワールドカップ最多得点記録(16得点)を破る選手の大本命だよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る