2018.05.31

CL決勝で肩負傷のサラー、W杯出場へ…エジプト協会「離脱は3週間以内」

サラー
リヴァプールに所属するエジプト代表FWサラー [写真]=CameraSport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エジプトサッカー協会は30日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で負傷した同国代表FWモハメド・サラー(リヴァプール)がロシア・ワールドカップに出場することを発表した。

 サラーは、26日に行われたCL決勝のレアル・マドリード戦で、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの競り合いで肩を負傷。涙ながらに交代を余儀なくされていた。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「とても深刻」とコメントしたが、エジプトサッカー協会は「肩関節じん帯の負傷」との診断結果とともに「W杯出場は楽観視できる」と大会に間に合う見込みを発表。28日には同選手がスペインでリハビリを受けることも伝えていた。

 エジプトサッカー協会は30日に公式Twitterで、ハニー・アボ・ライダー会長と代表チームのドクターがスペインにいるサラーと面会したことを伝え、「離脱が3週間を超えることなく、W杯に出場できることを再確認した」と発表。絶対的エースはCL決勝から3週間後の6月16日までに復帰する見込みのようだ。

 ただ、28年ぶりにW杯出場のエジプト代表は、6月15日にグループリーグ第1節でウルグアイ代表と対戦するため、サラーが初戦を欠場する可能性は残っている模様。同19日の第2節ロシア戦と、同25日の第3節サウジアラビア戦には、エースが出場する可能性が高いようだ。

 なお、サラー自身は27日に自身のTwitterでW杯出場を明言。「どんな見込みであれ、みんなの誇りとなるために、ロシアへ行くことを確信している。君たちの愛とサポートが僕に必要な強さをくれるんだ」とコメントしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る