2018.05.24

中田英寿が選手“復帰” 人気ゲーム『FIFA 18』に登場、アジア太平洋圏初のアイコン選手に

中田英寿が『FIFA 18』に登場
サッカー総合情報サイト

 エレクトロニック・アーツが手掛けるサッカーゲーム『FIFA 18』内において、APAC(アジア太平洋)初のアイコン選手として、元日本代表の中田英寿氏が登場することがわかった。

 同ゲームは29日に無料アップデートを実施予定。6月14日に開幕する「2018 FIFA ワールドカップ ロシア」をゲーム内でいち早く体験できる無料アップデートとなり、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC、Nintendo Switchとなる。

 アイコン選手はゲームに登場する伝説的な選手の枠となり、これまでにディエゴ・マラドーナ氏やペレ氏といった1900年台の選手や、ティエリ・アンリ氏やロナウジーニョ氏など、近年まで現役でプレーしていた伝説的選手が対象で、すでにゲーム内で使用可能となっている。

 中田氏はアップデートにおけるFIFAワールドカップモードのダウンロードコンテンツで利用可能。アイコン選手として初の日本人となるだけでなく、APACエリアに拡大した中でも初の選手となり、前述のような選手と同様、「偉大であることの証明」と同社は説明している。

『FIFA 18』の今回のアップデートでは「2018 FIFA World Cup Russia」モードで、現実の世界同様、出場する32の代表チームから好きなチームを選び、リアルな大会形式でグループステージからモスクワの決勝まで楽しめるほか、出場しないイタリアやアメリカ、オランダ、チリなどが選択できるカスタム大会も実施可能。公式チーム、プレイヤー、ユニフォーム、リアルなスタジアムの雰囲気なども味わえるようになる。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る