2018.05.16

デンマーク代表、ロシア着用の新ユニフォームが公開…コンセプトは「王室を守る近衛兵」

ロシアW杯でデンマーク代表が着用する新ユニフォームが発表された
サッカー総合情報サイト

 ヒュンメルは15日、デンマーク王室の近衛兵にインスパイアされた、デンマーク代表の新ユニフォームを発表。デンマークレッドにブルーが加わった新ユニフォームを2018 FIFA ワールドカップ ロシアにて着用する。

近衛兵にインスパイアされたユニフォーム

 2016年8月に、12年の空白期間を経て、再びパートナーシップ契約を結んだヒュンメルとデンマーク代表は、ユニフォームにデンマークらしさを追求。今回、ロシアで着用するユニフォームは、デンマークのシンボルから生まれたもので、1658年よりデンマーク王室を守る近衛兵が着用する白いクロスをモチーフにしている。

 今回のデザインコンセプトに近衛兵の制服が採用されたのは、彼らの貢献が、デンマークの礎を築いてきた歴史があり、デンマーク軍が国際的にも評価されているためだという。同時に、この制服はデンマークのシンボルとして分かりやすく、平和を表すものにもなっている。

 ヒュンメルのCEOを務めるAllan Vad Nielsen氏は、今回のユニフォームについて以下ようにコメントしている。
「デンマーク王室の近衛兵は、デンマークを代表するシンボルになっています。ある意味、小さく牧歌的な王国を古典的にイメージさせるものであり、また、世界中で重要な任務を遂行する専門的な兵士として、国を代表するアンバサダーでもあります。これは、サッカーデンマーク代表にも共通して見られる特徴だと感じています」

「軍隊とナショナルチームには、もちろん大きな違いがありますが、サッカー用語においても、ユニフォームやディフェンス、オフェンス、それにカウンターアタックなど、いくつかの類似点が見られます。また、重要な共通点として、連帯感が挙げられます。自分たちは同じチームであり、ミッションを共有する強い意識が重要で、その気持ちの繋がりから勝利が生まれることになる」

 新ユニフォームのお披露目は、6月2日に行われるスウェーデンとの親善試合で予定されている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る