2018.05.15

ペルー代表に激震…主将ゲレーロのW杯欠場が決定 出場停止処分が14カ月に

パオロ・ゲレーロ
ペルー代表の主将であり、エースのゲレーロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロが2018 FIFAワールドカップ ロシアを欠場することになった。ブラジルメディア『グローボ』など複数メディアが一斉に報じている。

 ゲレーロは昨年10月に行なわれた南米予選のアルゼンチン戦、試合終了後のドーピング検査でコカインが検出された。12月8日に1年間の出場停止処分が下されたものの、同月22日に処分を6カ月間に軽減。今年6月に開幕するW杯には出場可能の見込みとなっていたが、スポーツ仲裁裁判所は処分を14カ月間に引き伸ばす決定を下した。ゲレーロの出場停止処分が解かれるのは2019年1月となる。

 現在34歳のゲレーロはペルー代表の主将を務め、ここまで84試合出場し33得点を記録。同選手にとって母国のW杯出場は悲願とも言えるものだった。ペルーは、フランス、オーストラリア、デンマークとともにグループCに入っているが、最も重要な攻撃の要を欠くことになった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る