2018.05.13

D・アウヴェスに代わる右SBは誰だ? ブラジル代表招集候補5選手を紹介

D・アウヴェスの代役として期待される5選手 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブラジルサッカー連盟は11日、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが6月に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシアを欠場すると発表した。

 D・アウヴェスは今月8日に行なわれたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)決勝で右ひざを負傷。右ひざ前十字靭帯損傷と診断され、全治までは3週間の見込みと報じられていたが、ブラジル代表のドクターが出場不可と判断。不動の右サイドバックとして君臨し、すでにチッチ監督からW杯メンバー“内定”をもらっていたD・アウヴェスの欠場は大きな痛手だ。

 そこでD・アウヴェスに代わり、W杯でブラジル代表の右サイドバックを務める可能性がある5選手をデータとともに紹介する。

ファグネル(コリンチャンス)

[写真]=Getty Images

生年月日:1989年6月11日(28歳)
身長・体重:168cm・67kg
経歴:コリンチャンス→PSV(オランダ)→ヴィトーリア→ヴァスコ・ダ・ガマ→ヴォルフスブルク(ドイツ)→ヴァスコ・ダ・ガマ→コリンチャンス
ブラジル代表歴:4試合

 チッチ監督の就任後の2017年1月に代表デビュー。キャップ数は「4」と経験は浅いが、攻撃的なプレースタイルが評価され、右サイドバックの2番手を務める。しかしながら、4月末に行なわれた試合で左ハムストリングを負傷。W杯メンバー入りは微妙な状況となっている。

ダニーロ(マンチェスター・C)

[写真]=Getty Images

生年月日:1991年7月15日(26歳)
身長・体重:184cm・78kg
経歴:アメリカ・ミネイロ→サントス→ポルト(ポルトガル)→レアル・マドリード(スペイン)→マンチェスター・C(イングランド)
ブラジル代表歴:16試合

 サントス時代はネイマールらとともにコパ・リベルタドーレスを制覇し、欧州へ羽ばたいた。ドリブルとキックの精度に定評があり、直接FKも得意としている。チッチ監督就任以降の出場は11月に行なわれた日本戦の1試合のみ。現体制では決して信頼を勝ち得ているわけではない。

ラフィーニャ(バイエルン)

[写真]=Getty Images

生年月日:1985年9月7日(32歳)
身長・体重:172cm・68kg
経歴:コリチーバ→シャルケ(ドイツ)→ジェノア(イタリア)→バイエルン(ドイツ)
ブラジル代表歴:4試合

 正確なクロスとビルドアップが持ち味のベテランDF。ブンデスリーガでは通算300試合以上に出場し豊富な経験を持っているが、ブラジル代表とはほぼ無縁のキャリアを送っている。最後の招集は2017年5月と約1年間遠ざかっている。W杯のタイミングで再び声はかかるか。

ファビーニョ(モナコ)

[写真]=Getty Images

生年月日:1993年10月23日(24歳)
身長・体重:188cm・78kg
経歴:リオ・アヴェ(ポルトガル)→レアル・マドリードB(スペイン)→レアル・マドリード(スペイン)→モナコ(フランス)
ブラジル代表歴:4試合

 モナコではボランチにコンバートされて才能を開花させたが、もともとは右サイドバック。ブラジル代表として最後に出場したのは2015年9月までさかのぼる。チッチ監督の就任以降は一度も招集されていないものの、その実力は折り紙付き。サプライズ招集候補の一人だ。

マルコス・ロチャ(パルメイラス)

[写真]=Getty Images

生年月日:1988年12月11日(29歳)
身長・体重:184cm・68kg
経歴:アトレチコ・ミネイロ→ウベルランディア→CRB→ポンチ・プレッタ→アメリカMG→アトレチコ・ミネイロ→パルメイラス
ブラジル代表歴:2試合

 テクニックに優れ、ブラジル国内最高の右サイドバックとの呼び声も高い。ブラジル代表としての出場は2013年の2試合のみ。プレーする機会はなかったが、17年1月に国内組のみで構成された代表チームに招集されている。今季もブラジル全国選手権で全試合にフル出場中だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る