2018.05.09

コシェルニー、右アキレス腱断裂で手術…戦列復帰は早くても12月か

ローラン・コシェルニー
長期離脱することとなったコシェルニー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシェルニーの復帰は、早くても12月以降となるようだ。8日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 コシェルニーは3日に行われたヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦に先発出場したものの、開始早々の8分に負傷。先日、フランスサッカー連盟(FFF)が、コシェルニーの2018 FIFA ワールドカップ ロシア欠場を発表するなど、ケガの度合いが心配されていた。検査の結果、右アキレス腱断裂と診断され、すでに手術を受けたという。

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、コシェルニーの状態について次のように語った。

「早くても12月までは彼を見ることはないだろう。コシェルニーは落ち込んでいる。選手たちは常日頃から炎症があったりはするが、断裂することはあまりない。だが、彼にはそれが起こってしまった。手術を受けたから、完璧に回復はするだろう」

 また、コシェルニーは自身のインスタグラムを更新し、復帰への意気込みを綴った。

「僕のケガについてメッセージをくれた全ての人に感謝している。手術はうまくいき、新しい段階が始まった。自分のためだけではなく、家族や友達、そしてサポートをしてくれる全ての人のために戦う決心をした。またすぐ会おう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る