2018.05.09

離脱続くノイアー、W杯出場なるか…本人が心境明かす「実戦復帰せずには…」

ノイアー
実戦復帰を目指しているノイアー [写真]=Getty Images for FC Bayern
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、負傷離脱が続く自身の状態についてコメント。残りわずかとなった今シーズンの公式戦出場や、2018 FIFAワールドカップ ロシア参加についての心境を明かした。ドイツ誌『Kicker』日本語版が9日に報じている。

 ノイアーは昨年9月18日のトレーニングで左足の中足骨を骨折。以後は離脱が続いている。先月5日にはボールを使ったトレーニングを再開したが、実戦復帰は果たせていない。

 報道によると、ノイアーは8日に自身の状態に対する考え方についてコメント。「実戦に復帰せずにW杯に出場することは想像できない」と語り、復帰時期については「特に見通しは立っていない」と明かした。

「日々の改善を目指し、そしてできるだけ早く回復するために取り組んでいる。進展自体は、これまでとても良い形できてはいるんだ」

 バイエルンに残された今シーズンの公式戦は2試合のみ。すでに優勝を決めているブンデスリーガ最終節は12日(シュトゥットガルト戦)、そして19日に行われるDFBポカール決勝のフランクフルト戦を控えている。

「土曜日(12日)に出場するかどうかは、僕だけで決められる問題ではない。良い感覚は持てているけど、でも今はまだ火曜日だからね。まだそこまで考えていないよ。練習を良い感じでこなせてはいるけどね。ただ、ポカール決勝に出場することについては、全く考えにはない」

「医療スタッフとの意見交換はとてもいいもの、信頼を置いているよ。ここまではとても良い感じで来れている。僕にとって重要なことは、議論によって落ち着きを失わないようにすること。自分、チーム、そしてこのサッカー大国のために、正しい判断を下さなくてはならないと思っているんだ。どういう結果になるかは、見てみることになるよ。(ユアヒム)レーヴ代表監督にはしっかりとコンタクトをとっている。ただ、ワールドカップへの参加については、今はなんとも言えないね」

 仮にバイエルンでの公式戦復帰を果たせなかった場合でも、ドイツ代表で実戦経験を積むチャンスはある。代表メンバー発表直前に行われる2つのテストマッチ(6月2日のオーストリア代表戦、8日に行われるサウジアラビア代表戦)だ。

「実戦経験なしでワールドカップに参加できるとは、僕には思えないよ」と語ったノイアー。今後の動向に注目だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る