2018.03.27

イタリア戦欠場のメッシ、スペイン戦出場へ意欲…指揮官も起用に前向き

メッシ
アルゼンチン代表のトレーニングに参加しているメッシ [写真]=Manchester City FC via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ)が、27日に行われるスペイン代表との国際親善試合に向けて意欲を語った。アルゼンチンメディア『FOXスポーツ・アルゼンチン』でのインタビュー内容について、スペイン紙『アス』が26日付で伝えている。

 メッシはそ径部の違和感などにより、23日にマンチェスターで行われたイタリア代表との国際親善試合を欠場。「次戦の出場に向けて前向きに捉えている」と発言していたものの、27日にマドリードで開催されるスペイン代表戦の出場も、コメント時点では危ぶまれていた。

 イタリア戦の翌日にマドリードへ到着したメッシは、レアル・マドリードのクラブ練習場で行われた代表のトレーニングを欠席。しかし25日の練習で復帰を果たすと、試合前日の練習も問題なく消化。復調をアピールしている。練習後のインタビューでメッシは「僕の考えは、明日の試合に出場することだ」とコメント。さらに「感触は良かったし、ピッチに立ちたいと思っている」と続け、アルゼンチン代表の一員として、スペインでプレーできる絶好のチャンスを逃したくないという思いを明かしていた。

 また、アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督も、スペイン戦の前日会見で「彼はいつも通りの形でグループ練習をこなしていたし、プレーできる状態にあると言える」と発言。起用に前向きな姿勢を示している。

 なおスペイン戦の試合会場は、アトレティコ・マドリードの新本拠地であるワンダ・メトロポリターノだ。バルセロナの一員として昨年10月14日に初めて訪れた際(リーガ・エスパニョーラ第8節)には、メッシは無得点で試合を終えている。アルゼンチン代表のエースとしてプレーする今回の試合で、同スタジアムでの初ゴールを奪うことはできるのだろうか。メッシのパフォーマンスに注目だ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング