2017.12.02

レヴァンドフスキが同僚ハメスを挑発?…クアドラードは日本との再戦を的中

バイエルンで同僚のJ・ロドリゲスとレヴァンドフスキ。W杯での対戦が決まった [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの組み合わせ抽選会が12月1日に行われ、グループHにはポーランド、セネガル、コロンビア、日本が入った。

 この結果を受け、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは自身のTwitterで、同組になったバイエルンで同僚のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに対してツイート。「前回大会の君の素晴らしいゴールを覚えているよ。ロシアでは君が僕のゴールを覚えてくれるといいね」とさっそく冗談交じりに挑発している。

 J・ロドリゲスは前回のブラジル大会で5試合に出場し、日本戦での華麗なループシュートを含む6ゴールを挙げて得点王に輝いた。決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦で決めた豪快なボレーシュートは、ファン投票による大会最優秀ゴールに選ばれていた。今大会の組み合わせを受け、自身のTwitterで「すでに夢は始まっている。難しいが、不可能はない」とコメントしている。

 同じく前回大会の日本戦でゴールを決めたコロンビア代表MFフアン・クアドラード(ユヴェントス)は、2大会連続での日本との対戦を的中していた。同選手は11月29日に自身のTwitterで、ベルギー、エジプト、日本と同組になると予想。ベルギーとエジプトは外れたが、日本との再戦を見事当てていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る