2017.11.07

W杯欧州POに臨むクロアチア代表に朗報…マンジュキッチは筋肉の損傷なし

マリオ・マンジュキッチ
ベネヴェント戦で足を痛めていたマンジュキッチ(中央)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 クロアチアサッカー連盟(HNS)は、ユヴェントスに所属する同代表FWマリオ・マンジュキッチが、筋肉を損傷していないことを正式発表した。

 マンジュキッチは5日に行われたセリエA第12節ベネヴェント戦で、77分から途中出場。しかし後半終了間際に、右太ももを痛めていた。

 試合から一夜明けてマンジュキッチはクロアチア代表の招集に応じ、精密検査を受けた。筋肉の損傷も不安視されていたが、特に傷んでいないことが判明。11月9日にホームで、12日にアウェイでギリシャ代表との2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選プレーオフを戦う。

 クロアチア代表は欧州予選のグループIで6勝2分2敗の勝ち点「20」、一方のギリシャ代表はグループHで5勝4分1敗の勝ち点「19」を積み上げていた。本大会出場を決めればクロアチアは5度目、ギリシャは4度目のW杯の舞台となる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング