FOLLOW US

ウェールズ、60年ぶりのW杯ならず…アイルランドが直接対決制しプレーオフへ

W杯出場を逃し、顔をユニフォームで覆うラムジー [写真]=AMA/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第10節が9日に行われ、グループDでウェールズ代表とアイルランド代表が対戦した。

 エースのFWギャレス・ベイルを負傷で欠くD組2位のウェールズ。最終節は勝ち点差1で3位につけるアイルランドとの直接対決となった。ウェールズは33分にアクシデントに見舞われる。相手選手との接触によりジョー・アレンが負傷でピッチを後にし、そのまま37分にジョナサン・ウィリアムズと交代となった。

 試合は前半をスコアレスで折り返し、57分に動いた。右サイドを抜け出したジェフ・ヘンドリックがクロスを送ると、ニアのハリー・アーターはスルー。中央でフリーのジェームズ・マクレーンが右足ダイレクトシュートを突き刺し、アイルランドが先制に成功した。

 試合はこのまま終了。ウェールズは0-1で敗れて3位に転落し、1958年以来60年ぶり2度目のW杯出場は叶わなかった。一方、勝利を収め2位に浮上したアイルランドは、各グループ2位の上位8チームに入ることが確定し、プレーオフ進出を決めている。

【スコア】
ウェールズ 0-1 アイルランド

【得点者】
0-1 57分 ジェームズ・マクレーン(アイルランド)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO