2017.05.05

メッシ、W杯予選4試合出場停止処分が取り消し…FIFAは「証拠が不十分」と説明

リオネル・メッシ
処分が取り消しとなったメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、FIFAワールドカップロシア南米予選4試合出場停止処分が取り消されることとなった。イギリスメディア『BBC』など複数メディアが報じている。

 メッシは3月28日に行なわれた南米予選第13節のチリ代表戦で、副審に対して侮辱的な言動をしたとして4試合の出場停止処分と罰金1万スイスフラン(約112万円)が下された。しかし、メッシは「僕の発言は決して副審に向けられたものではない。空気に向けたものだったんだ」と主張。アルゼンチンサッカー協会(AFA)はFIFAに対して、メッシ本人の発言を提出していた。

 FIFAは今回の処分取り消しについて「入手した映像では証拠が不十分で、処分を下すことはできない」と説明している。

 現在、W杯南米予選で5位のアルゼンチン代表は、ウルグアイ代表(アウェイ)、ベネズエラ代表(ホーム)、ペルー代表(ホーム)、エクアドル代表(アウェイ)との対戦を残している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る