2016.04.12

豪代表FWケーヒル、W杯最終予選で日本と対戦へ「ワクワクするね」

ティム・ケーヒル
日本がW杯最終予選で対戦するオーストラリア代表のFWケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選」の組み合わせ抽選会が12日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。組み合わせ結果について、杭州緑城に所属するオーストラリア代表FWティム・ケーヒルがコメントしている。大手メディア『FOXスポーツ』が公式ツイッター(@FOXFOOTBALL)を通じて伝えている。

 日本代表は、オーストラリアやサウジアラビアが属するグループBに決定。過去の対戦成績は、日本の8勝8分け7敗とほぼ互角だが、ワールドカップ予選に限れば4分け2敗と勝ちがない。また、2006年にはドイツで開催されたワールドカップ本大会でも対戦し、1-3と敗れた苦い記憶がある。

 ケーヒルは、グループ分けの結果について「おお、日本だ。僕たちは今までも素晴らしい試合をやってきたから、同じく組になるなんてワクワクするね」と、日本代表との対戦が楽しみだとコメントした。

 また、「それでも、ポステコグル監督は少しも怯まないだろう。日本相手に僕たちの力を試しながら、トップチームに立ち向かっていきたい」と、自信を覗かせつつも、あくまで挑戦者であると謙虚に話した。

 一方で、「中国を引かなかったのは、100パーセント幸運だと言えるよ。彼らを倒さなければならないことにはなりたくなかった」と、中国代表と同組でなかったことに安堵感を示している。

 日本の初戦は9月1日に行われるホームのUAE戦。オーストラリアとは10月11日にアウェーで1度目の対戦を迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る