2015.12.08

ベッカム氏、W杯のロシア&カタール開催を支持…「普及」を重要視

ベッカム
ロシアとカタールでのW杯開催を支持するベッカム氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、イギリス誌『ラジオ・タイムズ』のインタビューに応え、2018年のロシア・ワールドカップと2022年のカタール・ワールドカップに関してコメントした。イギリスメディア『BBC』が7日に伝えている。

 2010年12月、2018年と2022年のワールドカップ開催地が決定した。しかし、その後FIFA(国際サッカー連盟)幹部による汚職が発覚。開催国選定に不正があったのではないかという疑いも浮上し、イングランドが代替開催を行う動きを見せていた。

 一方、ベッカム氏は「汚職があったかは別として、この2カ国はもう選ばれたんだ。支える必要がある。重要なことはフットボールを新たな国へ普及させること。順調に行くはずだ」とサッカーの世界的普及を目的として、ロシアとカタールでの開催を支持する意向を示している。

 なお、今年9月にはFIFAがカタール・ワールドカップの日程を発表。開催期間が過去の大会よりも短い28日間であることを明らかにしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る