2015.12.07

カタール、W杯招致に費やした金額は200億円超…元FA会長が明かす

開催国決定直後のカタールサッカー協会サーニー会長(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてFA(イングランドサッカー協会)の会長職を務め、2018年ワールドカップの同国開催に向けた招致活動にも携わったロード・トリースマン氏が、カタールが2022年ワールドカップ招致に費やした金額は1億1700万ポンド(約217億6500万円)であったことを明かした。6日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 トリースマン氏は同紙に対し、「カタールは招致活動で1億1700万ポンドも使った。とても信頼できる2つの情報源から聞いたことだ。カタールの財政状況を考えると、その莫大な支出も可能であったと思う」とコメントした。

 この1億1700万ポンドという額は、イングランドが招致活動に費やした額の約6倍であると見積もられている。

 2010年12月、2022年ワールドカップの開催地がカタールに決定した。しかしその後開催国選定に不正があったのではないかという疑惑が浮上し、イングランドが同大会の代替開催を行う意向を示していた。それでも、今年9月にはFIFA(国際サッカー連盟)がカタール・ワールドカップの日程を発表。開催期間が過去の大会よりも短い28日間であることが明らかになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る