2015.09.26

2022年カタールW杯、開幕戦と決勝の日程が決定…28日間の短い大会に

FIFA本部
発表の行われたFIFA本部 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 25日、FIFA(国際サッカー連盟)は2022年に行われるカタール・ワールドカップの開幕戦と決勝戦の日程を発表した。

 開幕戦は11月21日に行われ、決勝戦はカタールの独立記念日である12月18日に開催されるという。これにより、開催期間はこれまでよりも短い28日間(ブラジル大会は30日間)に決定している。

 恒例では夏に開催されるW杯だが、真夏には50度を超える猛暑が予想されるカタールでのWは史上初めて冬季に開催されることになる。冬季のカタールの気温は約20度まで下がる見込みだ。

 今年の3月に日程の基本方針が決まっていたが、ヨーロッパのクラブに配慮し年末のウインターブレイクに合わせて今回の日程に決まった模様。3月に、FIFAのジム・ボイス副会長は「2022年まで準備期間がまだ7年ある。選手たちはこれまでのW杯よりもフレッシュな状態で臨めると考えている。開催期間は28日間で、一生続くわけではない。これによって各国のリーグの開幕が3週間早くなり、シーズン終了が3週間遅くなるだけだ」と語っていた。

 通常W杯の開催期間は32日間だが、2022年カタールW杯の開催期間は各国のリーグへの影響を考慮して28日間になる予定。1978年アルゼンチンW杯以来の過密日程となる。

 なお、25日付のイギリス紙『ガーディアン』によると、ゼップ・ブラッター会長は発表会見を欠席した模様。

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
73pt
ライプツィヒ
63pt
ドルトムント
57pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
81pt
レアル・マドリード
81pt
アトレティコ・マドリード
71pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る