2015.07.05

アメリカから多くを学んだなでしこ…決勝戦は「勝つことしかイメージしていない」

なでしこジャパン
決勝に進出したなでしこジャパン [写真]=Getty Images

文=江橋よしのり

 女子ワールドカップ特集におけるプレビュー記事も7本目となった。

 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015は7月5日16時(日本時間6日8時)、決勝戦を迎える。決勝進出国は、過去優勝2回、準優勝1回のアメリカと、過去優勝1回のなでしこジャパンとなった。

 またFIFAは、決勝の主審をウクライナのカテリーナ・モンズール氏と発表。モンズール氏は今大会、カナダ対中国(開幕戦)、アメリカ対ナイジェリア(グループD)、なでしこジャパン対オーストラリア(準々決勝)に続いて4試合目。

日米両国によるW杯直接対決は、過去に3度ある。対戦成績は、以下のとおり。

第1回(1991年)グループステージ アメリカ3-0日本
第2回(1995年)準々決勝 アメリカ4-0日本
第6回(2011年)決勝 日本2-2(PK3-1)アメリカ

 アメリカは、W杯と五輪の二大大会において、決勝での勝率は75パーセント(8回中6回)。一方なでしこジャパンは勝率50パーセント(2回中1回)。

 このような強敵であるアメリカに対し、佐々木則夫監督は、記者会見で次のようにリスペクトの気持ちを表した。

「世界ナンバーワンのアメリカには、2011年のワールドカップ前、私たちをアメリカに呼んで親善試合をやらせていただいた。また2012年には、日本がたいへんな状況だったにも関わらず、来日していただいた。我々はナンバーワンのアメリカというチームから学んで成長した。お互いにリスペクトし合っているチーム同士、明日は世界の女子サッカーの発展に寄与するような素晴らしい試合をしたい」

 同じく記者会見に登壇した宮間あやキャプテンは、「勝つことしかイメージしていない」と自信を持ってコメント。続けて「ポイントは先制点だと個人的には思っています。今大会は先制点を取り続けているので、そこで自分たちのリズムにできればいいと思っています」と語った。

 なでしこジャパンの先発メンバーは、おそらく決勝トーナメントに入り固定されたとおり。GK海堀あゆみ、DF有吉佐織、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩、MF阪口夢穂、宇津木瑠美、川澄奈穂美、宮間あや、FW大野忍、大儀見優季の11人が予想される。

 一方のアメリカは、6試合1失点と鉄壁を誇る4バック+GKは固定されているが、前線のメンバーが流動的だ。2トップの一角は、故障が回復して4試合連続先発出場中のアレックス・モーガンで間違いないと思われる。だがコンビを組むのは、前回決勝で調子を崩しスタメン落ちしたエイミー・ロドリゲスか、ロンドン五輪決勝で2得点したMFカーライ・ロイドを一列上げるか。さらにここ2戦スーパーサブとして存在感を増したアビー・ワンバックが出番を待ち、シドニー・ルルー、クリステン・プレスなど快足アタッカーもベンチから出場機会をうかがう。

 立ち向かうことになるGK海堀あゆみは、「ここまで来たら勝つしかない。勝つために準備をして、あやも言ったけど23人の選手とスタッフ全員で優勝を勝ち取りたいと思います」と抱負を述べた。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る