2015.07.02

英紙が有吉&大野に試合最高点…イングランド戦のなでしこを採点

イングランドに勝利したなでしこメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

 なでしこジャパンは、1日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝でイングランド女子代表と対戦し2-1の勝利を収め、2大会連続の決勝進出を果たした。

 イギリス紙『デイリーメール』は、同試合の採点(最高点10、最低点1)を発表。なでしこのDF有吉佐織とFW大野忍にこの試合で最高点の「8」を付けた。また、途中出場のFW岩渕真奈や、佐々木則夫監督などは「7」の評価となった。

 一方で、イングランドは、PKを獲得したステファニー・ホートンが「8」で最高点。オウンゴールを献上してしまったラウラ・バセットには「6」の採点をつけた。

 なお、キースリー主審には、同試合での最低点「4」を付け、「議論の余地はあるかもしれないが、2つのPKは両方間違いだった」とコメントしている。

『デイリーメール』紙による、なでしこの採点は以下のとおり。

GK海堀あゆみ 「6」
DF岩清水梓 「6」
DF熊谷紗希 「7」
DF鮫島彩 「6」
DF有吉佐織 「8」
MF阪口夢穂 「7」
MF宮間あや 「7」
MF川澄奈穂美 「7」
MF宇津木瑠美 「6」
FW大野忍 「8」(70分に途中交代)
FW大儀見優季 「6」
FW岩渕真奈 「7」(70分から途中出場)

佐々木則夫監督 「7」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る