2015.06.27

激戦を制したドイツとアメリカが準決勝進出…強豪フランスが敗退/女子W杯準々決勝

ドイツ アメリカ
準決勝進出を決めたドイツ(上)とアメリカ(下) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015の準々決勝2試合が26日に行われた。

 FIFAランキングで1位に立つドイツは、同3位の強豪フランスと対戦。試合は0-0で迎えた64分にルイザ・ネシブがゴールを決めてフランスが先制に成功した。しかし、終了間際の84分にセリア・サシッチがPKを決めてドイツが同点に追いつく。延長戦も合わせた120分でもスコアは動かず、決着はPK戦に持ち込まれる。先行のドイツは5人全員がしっかりと成功。一方のフランスは、5人目のクレール・ラヴォゲがシュートを止められてしまい、PK戦を5-4で制したドイツが準決勝進出を決めた。

 前回大会準優勝、ロンドン・オリンピック金メダルのアメリカは中国と対戦した。試合は0-0のまま前半終了を迎えると、後半立ち上がりの51分に最終ラインのジュリー・ジョンストンが前線にロングボールを送る。これをゴール前のカーライ・ロイドが直接ヘディングで叩き込み、アメリカが先制に成功。このまま1点のリードを守り切ったアメリカがベスト4に入りを果たした。

 準々決勝の残り2試合は27日(日本時間28日)に行われ、オーストラリア女子代表となでしこジャパン、イングランド女子代表とカナダ女子代表が対戦する。準決勝は30日(同7月1日)にドイツ対アメリカが、7月1日(同2日)にもう1試合が行われる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る