2015.06.16

優勝候補ドイツが1位通過…A組は開催国のカナダが首位で突破/女子W杯GS第3節

ドイツ女子代表
得点を喜ぶドイツ女子代表 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループAとBの第3節が15日に行われた。

 グループAではオランダ女子代表と開催国のカナダ女子代表が対戦。カナダは10分にアシュレイ・ローレンスの得点で先制する。カナダがリードを守りきり、1-0で勝利するかと思われたが、87分にキルステン・ファン・デン・フェンが同点ゴールを決めて、1-1のドローに終わった。

 同時刻に行われたA組のもう一試合では、中国女子代表とニュージーランド女子代表が対戦。28分にレベッカ・ストットの得点でニュージーランドが先制するが、41分に中国のワン・リーシーがPKを決めて同点で前半を折り返す。60分には、ワン・シャンシャンの得点で中国が逆転に成功したが、直後の64分にハンナ・ウィルキンソンがゴールを決め、再び試合は振り出しに戻る。その後は両者ともにゴールを挙げることは出来ず、2-2のドローでタイムアップとなった。

 この結果、グループAでは勝ち点5のカナダが1位通過。中国とオランダが勝ち点4で並んだが、総得点の差で中国がグループ突破を決めている。

 グループBでは首位のドイツ女子代表がタイ女子代表と対戦した。地力で勝るドイツは、24分にメラニー・ロイポルツが先制点を挙げると、56分、58分にレナ・ペーターマンが連続ゴールを決めて3点のリードを得る。74分にはサラ・デブリッツにもゴールが生まれ、4-0で快勝を収めた。

 同時刻キックオフのもう一試合では、2敗のコートジボワール女子代表とノルウェー女子代表が対戦。6分に決めたアダ・ヘゲルベルクのゴールでノルウェーが先制し、前半を折り返す。その後も試合を支配するノルウェーは、62分にヘゲルベルクがこの試合2点目を奪うと、67分にはソルヴェイク・グルブランドセンが追加点を挙げて3点差とする。コートジボワールも71分に、アンジェ・ヌゲッサンのゴールで1点を返したが、このまま3-1でノルウェーが勝利した。

 この結果、グループBは勝ち点7でドイツとノルウェーが並んだが、得失点差で上回ったドイツが1位通過、ノルウェーが2位通過となった。なお、今大会は各組3位の中から成績上位4チームもグループを突破出来るため、A組3位のオランダ、B組3位のタイにも突破の可能性が残されている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る