FOLLOW US

「コカインを買うためW杯優勝メダルを売った」…1970年W杯優勝の元ブラジル代表が告白

70年W杯優勝メンバーのパウロ・セーザル氏 [写真]=Getty Images

『AFP』など各メディアは「1970年ワールドカップの優勝メンバーであったブラジル代表MFパウロ・セーザルは、コカインを購入するためにメダルを売却したことを明らかにした」と報じた。

 パウロ・セーザル氏は現在65歳。ボタフォゴでデビューし、その後フラメンゴ、マルセイユ、フルミネンセなどで活躍し、ペレなどと共に1970年、1974年のワールドカップに出場。セレソンには57試合に出場し、10ゴールを決めた攻撃的MFであった。

 しかし、フランスでプレーしていた頃からコカインを始め、それから17年もの間薬物中毒とアルコール中毒の症状に悩まされてきたという。

 パウロ・セーザル氏はブラジルメディア『GloboNews』取材に対してリオ・デ・ジャネイロの住宅三軒を初めとして多くの財産をコカインのために失い、ワールドカップの優勝メダルとカップのレプリカも売却したことを明かした。

「私は自分の感情を制御することができなかった。このような貴重な品を販売することは、許される行為ではないだろう。大きな損失だ。誰にも明かしたことはなかったが、私はようやくそれを認める準備ができた。あの時の私にとって最も重要なものはコカインだった。メダルはそれ以下の価値しかなかった」

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA