2015.02.28

2022年ワールドカップが冬に開催されることで、大きく変更されそうな4つのこと

W杯カタール大会組織委員会のアル・サワディ事務局長は冬開催の可能性を示唆している  [写真]=Getty Images

 開催時期をめぐって揉めに揉めまくった2022年ワールドカップ。しかし、その議論もいよいよ収束を見せようとしている。

 来月行われるFIFA執行委員会で、2022年大会を11月末から12月に開催するという案が議論されることが決まったのだ。

 FIFAはすでに、「11月26日開催し12月23日に閉幕する」という具体的なスケジュールも発表している。正式決定こそまだであるが、これだけ細かいスケジューリングが決まっているということは、冬開催が現実路線と見て間違いない。

 歴史上、W杯が冬に開催された前例は一度もない。11月や12月という時期はヨーロッパなど主要リーグではシーズン中にあたり、そういった時期に国際大会を開くことで世界中の様々なファクターに影響が出ることは容易に想像できる。

 今回は、すでに報道されているものを中心に、世界のサッカーシーンにおいて大きく変更されそうなことを4つまとめてみよう。

■世界各国リーグの開催時期が大幅に変更へ

 最も大きな問題はこれだろう。本来11月から12月にリーグ戦を行うリーグの主催者は、そのスケジュールの再編が求められている。

 この問題が厄介なのは、「単純に試合日をズラしたり埋め合わせれば良いということではない」ということだ。

 例えばプレミアリーグの場合、11月から12月はシーズン中である。特に12月は毎年過密日程が組まれており、これらの期間で消化されるべき試合をミッドウィークに入れてしまうと、きっと毎週2試合ペースになるだろう。

 また、これらの試合を5~6月に組み込んだとしても、今度は翌シーズンの開幕にも影響が出る。2022年大会を冬に開催することで、各国リーグは開幕を早めたり閉幕を遅めたりせねばならず、選手にさらなる負担がかかるのだ。

 さらに、W杯の開催中にもかかわらずリーグ戦を続行するところも現れるかもしれない(Jリーグでは中断しているが、MLSやブラジル全国選手権では続行したことがある)。その場合、代表チームに招集される選手の補償はどこが行うのか? また、それは金銭的なものなのかそれ以外のレギュレーション的なものなのか? そういった課題が出てくるだろう。

 W杯の冬開催は、欧州の主要リーグでプレーする選手に体力的な負荷を、そういった選手を抱えるクラブに大きな損害を、リーグや機構に悩ましい選択を与える。

 いずれにせよ、W杯を冬に開催することで世界各国のコンペティションが様々な取捨選択を迫れることになるのは間違いない(もちろん、逆に影響が少なくなるリーグもあるだろう)。

■2023年アフリカ・ネーションズカップは6月に移行か

 2013年より、奇数年の1月から2月にかけて行われてきたアフリカ・ネーションズカップ。2023年大会はギニアでの開催が予定されているが、仮に前年の11月から12月にW杯が開催されれば、2023年の6月に延期される見込みである。

 しかし、2023年6月には後述するチャンピオンズリーグもズレ込む可能性があり、世界中の各国リーグが行われている可能性がある(しかも大事な終盤戦)。

 このあたりは各リーグおよび連盟が連携を取り合いながら一つずつ解決していくことになるのだろう。

■チャンピオンズリーグ、準決勝と決勝は6月開催か

 一般的にCLは4~5月に準決勝が、5~6月に決勝戦が開催される。今シーズンの決勝は6月6日だが、ファイナルが6月に行われるのはこれが初めてのこと。もともとは5月の末までに完結するコンペティションなのだ。

 しかし、グループステージの第5節から第6節、および決勝ラウンド1回戦の抽選会が行われる11~12月にW杯が開催されることで、当然こちらもフォーマットを変更する必要がある(該当となるのは2022-23シーズン)。

 英国『Mail Online』は、仮にW杯が冬に開催された場合、準決勝と決勝の計5試合を6月に開催するかもしれないと伝えている。

 ただし、W杯が11~12月に開催されることでCLにもたらせる影響は基本的にはグループステージの2~3試合のみであるため、各国リーグほどドラスティックなスケジュール変更を強いられることはなさそうである(もちろん、前述したアフリカ・ネーションズカップや各国リーグとの調整は必要であるが)。

■2021年コンフェデレーションズカップは日本での開催も?

 厳密にいえばこれはW杯が冬に行われることの弊害ではないが、カタールでW杯が開催されることによって、前年に行われるコンフェデレーションズカップの開催地も変更になるようだ。

 現在のところ、FIFAはコンフェデレーションズカップを6月に開催する予定であり、それによって気温の高いカタールでは開催しない意向であることを発表している。

 FIFA事務局長ジェローム・ヴァルケはこの大会を「カタールではないアジアで開催する」としており、2022年W杯の演習としては、クラブW杯をカタールで直前に開催する予定だと伝えられている。

 この発言により、中東地域でのコンフェデレーションズカップ開催は排除され、日本で開催される可能性が出てきた。2019年にはラグビーW杯を開催し、翌2020年には東京五輪を開催する日本。協会的には受け入れる体制は整っているはずだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る