2014.07.14

W杯決勝には世界のVIPも集結…露・独首脳、M・ジャガーにリアーナも

首脳会談さながらのVIP席(左からプーチン大統領、ブラッター会長、メルケル首相) [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。スコアレスのまま延長までもつれた試合は、途中出場のMFマリオ・ゲッツェの得点が決勝点となり、ドイツが1-0で勝利し、24年ぶりとなる4度目のチャンピオンの座に輝いた。

 4年に一度のサッカーの祭典。その決勝ということもあり、同試合には世界中のVIPが観戦に訪れた。FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長は試合中、次回大会のホストであるロシアのウラジーミル・プーチン大統領、見事に優勝したドイツのアンゲラ・メルケル首相、ヨアヒム・ガウク大統領と観戦。他にも開催国ブラジルのジルマ・ルセフ大統領、前回大会開催国・南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領の姿も。

 試合前に行われたセレモニーでは、世界的なシンガーでスペイン代表DFジェラール・ピケのパートナーでもあるシャキーラや、ギタリストのカルロス・サンタナなどがパフォーマンス。キックオフ直前にワールドカップ・トロフィーをお披露目する役目は、前回大会で優勝したスペイン代表の当時の主将であるカルラス・プジョルと世界的なモデルであるブラジル人のジゼル・ブンチェンが務めた。

 試合中のスタンドに目を移すと、ミュージシャンのミック・ジャガーやリアーナ、テノール歌手のプラシド・ドミンゴ、俳優のアシュトン・カッチャー、ジェラルド・バトラー、日産自動車のカルロス・ゴーンCEO、ノーベル文学賞作家の莫言、ブンチェンの夫でもあるNFLのニューイングランド・ペイトリオッツ所属QBトム・ブレイディら、様々なジャンルの人間が観戦している。

 また、サッカー界でもミシェル・プラティニUEFA(欧州サッカー連盟)会長、ペレ、ドゥンガ、ローター・マテウス、ジーコ、ダニエル・パサレラ、デイヴィッド・ベッカム、ファビオ・カンナヴァーロ、クリスティアン・ヴィエリ、マルコ・マテラッツィ、ハビエル・サネッティ、カカ、カフー、クリスティアン・カランブー、ジェラール・ピケなども現地を訪れた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る