2014.07.14

カンナヴァーロ氏も驚きのブラジル連敗「あの躓きは予想外」

ファビオ・カンナヴァーロ
W杯決勝戦を観戦した元イタリア代表ファビオ・カンナヴァーロ氏 [写真]=Getty Images

 2006年のドイツ・ワールドカップで優勝したイタリア代表メンバーの一人、ファビオ・カンナヴァーロ氏が、ドイツが優勝したブラジル大会を総括した。

 カンナヴァーロ氏はイタリアメディア『Rai』のインタビューに答え「ブラジルの躓きは予想していなかった。それに個人的なレベルでも、気持ちの強さが必要とされるときに、あまりにも多くのブラジル代表選手が涙するのを私は目にした。いずれにしろ、彼らはベスト4に進出したが、我々のイタリア代表はグループリーグさえも突破することはできなかった」と振り返り、開催国ブラジルのベスト4敗退が驚きであったことを主張。

 さらに「イタリアがあまりにも早く敗退したことで、気分は悪かった。最低でもベスト4に進出しなければならなかった。我々イタリアは難しいときを過ごしている」と続け、母国イタリアのグループリーグ敗退に落胆したことを明かしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る