FOLLOW US

無我夢中の決勝弾…喜び語るゲッツェ「W杯制覇という夢が叶った」

トロフィーを持って喜ぶゲッツェ [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めた。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来4回目となった。

 試合後、決勝点を挙げたゲッツェが心境を語った。『FIFA.com』がコメントを伝えている。

 ゲッツェは、「信じられない感覚だよ。何を話せばいいかわからないんだ。ゴールを決めた後、何が起こっているのか理解できなくなったよ」と、話し、「チーム全体、そして国全体でのお祭りになるだろう。ワールドカップを制覇するという夢が叶ったんだ。しかも、ここブラジルでね」と、喜びを語った。

 ベンチスタートのゲッツェは、スコアレスで迎えた88分、ミロスラフ・クローゼに代わってピッチへ。延長後半の113分、左サイドをドリブルで持ち上がったアンドレ・シュールレからのクロスに反応し、胸トラップから左足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。なお、ゲッツェは同試合のバドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチにも選出されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA